今月の伊勢志摩 by 浅田政志

vol.3イメージ

【vol.3】
志摩の風を感じる旅へ♪

2017.12.1

観光特急しまかぜに乗って、志摩へ。

しまかぜ、それは志摩に吹く爽やかな風…
パンフレットを眺めながらにやにやしているのは他でもない、今回の旅では伊勢志摩の“風”を感じに行くのです。
恒例の旅のお供はキョウスケさんとアカリさん。
趣味仲間で僕と同じく“観光特急しまかぜ”は初乗車とのこと。
今回は展望車両からカフェ車両、個室まで、しまかぜビギナーの僕たちがその魅力に素人目線でずずいと迫りたいと思います。
旅のはじまりはホーム。
改札を抜け、しまかぜの前まで来るとアテンダントさんがにっこりと笑顔でお出迎え。
なんだか素敵な時間が過ごせそうです。

笑顔でお出迎えするアテンダントさん

▲笑顔でお出迎えするアテンダントさん

乗っているだけでも楽しい、贅沢な電車旅。

まずはカフェ車両へ。
こちらは専用席ではありませんので、しまかぜに乗車をすれば利用可能とのこと。
テーブルをじっくり見つめると、不思議な形をしていますね…?
なんと、波と風のイメージだそうで、テーブルもキラキラと輝きを放っておりました。
お二人は伊勢志摩産みかんジュースをリクエスト。
自慢のスイーツセットもあるそうで、それは次回のお楽しみにしましょう。

カフェ車両でのんびり

▲カフェ車両でのんびり

続いて座席をとっていた展望車両へ。
電動リクライニング機能付きプレミアムシートにすっぽり体を預けて、大パノラマの車窓から流れる景色がまるで宙に浮いているように見渡せるのはなぜ?
その答えは床を72cm高くしたハイデッカー構造によるものだそうです。
シートふかふか~。優雅なひと時をお楽しみください。

迫力満点の景色が楽しめる展望車両

▲迫力満点の景色が楽しめる展望車両

最後に、サロン席や個室も少し覗きに…。
キョウスケさんとアカリさんは、
「次回はサロンや個室に乗ってみたい!」と意見が一致、
やはり仲間内で気兼ねなく過ごすにはグループ用の席が一番ですな。
ワクワク乗車体験は終点の賢島駅でおしまい。

グループで楽しめるサロン席

▲グループで楽しめるサロン席

時間によって、しまかぜが並ぶ賢島駅

▲時間によって、しまかぜが並ぶ賢島駅

お土産のしまかぜホッチキスとストラップはきっと喜ばれることうけあいです。
なお、賢島駅2階にある伊勢志摩サミット記念館サミエールでは実際にサミットで使われた円卓があり、椅子に座って記念撮影ができますよ。

可愛いい、しまかぜグッズをお土産に

▲可愛いい、しまかぜグッズをお土産に

賢島駅2階にあるサミット記念館でパシャリ

▲賢島駅2階にあるサミット記念館でパシャリ

レンタサイクルで、志摩の絶景を堪能。

さて、風を感じる旅はまだまだ続きます。
賢島駅から2駅戻った鵜方駅で自転車をレンタルし、ともやま公園の中にある桐垣展望台を目指します。
お目当ては、ずばり英虞湾に沈む夕日。
さあ、ピッチを上げてこいで行きましょうと言いつつ、次郎六郎海水浴場に立ち寄りました。
海の営みと島の自然を同時に堪能できる穴場スポットです。

次郎六郎海水浴場で一休み

▲次郎六郎海水浴場で一休み

夕日が美しい、志摩の空と海。

自転車は小回りがきいてあちこち寄り道したい衝動にかられつつ、初志貫徹一路展望台へ。
それでも日没の1時間前には余裕をもって到着できました。
が、既にカメラを携えた人々多数。
さすが夕日の名所として名を轟かせているだけあります。
熾烈な立ち位置争奪戦は早々に離脱し、みなさんの邪魔にならずかつ素晴らしいアングルはどこか鋭意検討いたしました。
毎日のように夕日を撮影している方から、「今日はいいと思うよ!」との情報もあり、準備万端です。
刻一刻と日が沈み、黄金色に染まる英虞湾。写真ではまるで線香花火のような光の軌跡を描きます。
ここに通いたくなるその気持ち、わかる、わかりますよ…。
夕暮れの風の中、今日の余韻にひたりつつ、帰路についたのでした。

桐垣展望台から望む美しい夕日

▲桐垣展望台から望む美しい夕日

〔観光特急しまかぜ〕
詳細(HP)…http://www.kintetsu.co.jp/senden/shimakaze/

〔志摩ちゃりNavi〕(レンタサイクル)
詳細(HP)…http://shima-chari.shima-sc.or.jp/renta/c-index.html

浅田政志
浅田政志

三重県出身。自らも被写体となり、三重県内を舞台に撮影した家族写真集『浅田家』(赤々舎刊)で第34回木村伊兵衛写真賞を受賞。日本各地でその地にいきる人々とともに作品作りをするアートプロジェクトで精力的に活動している。
公式ホームページ「浅田政志ドットコム」 http://www.asadamasashi.com/

↑

公益社団法人伊勢志摩観光コンベンション機構  
Copyright(C)2017 伊勢志摩キャンペーン実行委員会